無足場で現場の作業がスムーズになる|安全第一の志

作業員

工事現場の概念を覆す

ヘルメットを持つ人

コスト削減と工期短縮

ビルや住宅の修復工事などで使用されるのが足場です。建物を取り囲むように足場を組み、作業員はその足場で作業します。これが建設現場の一般的な工法ですが、最近ではこの足場がない無足場工事が出始めています。まだまだお目にかかることは少ないのですが、足場を組むと工事は大掛かりになります。見た目も明らかに工事を行っている状況であまりよくありません。また足場代も高くコスト増につながります。足場を組むのに時間も必要であるため工期も長くなり、これもコスト増加につながります。無足場にすることによって工期の短縮やコストの削減につなげることができるほか見た目の印象も良くなります。しかし無足場で作業する作業員のスキルも必要となるためどの現場でもすぐに導入という訳にはいかないのです。

足場は犯罪の温床になる

無足場の技術を持った作業員がいる業者でも物理的に無足場で作業ができないケースがあります。足場が必要な作業は腕力を必要とするものや重たい道具を使用する工事です。解体工事などはその例です。そのため塗装などの軽作業を行うのであれば、無足場工事のほうが効率的でもあります。無足場工事は屋上からつるされるブランコに乗って作業を行います。ビルの窓ふきのような作業風景です。そのため屋上にブランコをつるすための場所がない場合なども実施不可能になります。足場を組んだ作業では足場を組んだ状態で数日経過します。夜間などの防犯上もあまり好ましくありません。シートで隠されていることも犯罪を助長しているからです。そういった意味でも無足場は理想的なのです。

費用を安く抑えられる工法

ビル

無足場工法とは、仮設の足場を作らない工法のことであり、費用が抑えられる、工事期間が短縮できる、住人のストレス軽減できる、防犯上優れているといったようなメリットがある。しかし、職人の熟練度により作業内容の良し悪しが左右されるという注意点もある。

詳しく見る

足場がなくても

ヘルメット

建築やリフォームなどの際、一般的に外壁の塗装などをするために設置されることが多い足場ですが、足場そのものもコストがかかるために、最近では足場を組まない無足場での作業を実行するところも出てきており、注目度が高まっています。

詳しく見る

マンションの大規模修繕

ビル

公共施設や会社の大規模修繕工事を行う際に無足場工法を採用すると、足場を組まずに工事をすることができる。無足場工法は足場代が不要になるため、工事代の節約と工期の短縮を図れる。足場が組めない狭い敷地の建物でも、無足場工法を採用すると、スムーズに大規模修繕工事が可能になる。

詳しく見る